ウォーターサーバー人気ランキング!安全で安価な水とは?

安全・安価なウォーターサーバー人気ランキング

<1位>クリティア

〇値段
ボトル1本あたり12リットル1785円
2本単位で購入するので月額3570円
サーバーレンタル料など一切無料!

〇特徴・魅力
デザインウッドのハイセンスなウォーターサーバーや、キティちゃんの可愛いウォーターサーバーが選べます。
クリティア天然水の魅力詳細はこちら
〇使用する水 富士山地下からくみ上げた天然のバナジウムたっぷりの天然水。モンドセレクション受賞。

<2位>アクアクララ

〇値段
ボトル1本あたり12リットル1260円 初月サーバーレンタル料無料。2か月目以降は1050円~ 初回のみ1260円でボトル3本プレゼント!
〇特徴・魅力 W省エネモードで消費電力が通常の3分の一になるアクアアドバンスのサーバーが人気。
デザイン性のあるキャラクターサーバーや、コンパクトなサーバーなどご自宅やお好みに合わせて様々選べるのもいいところですね。
RO膜ろ過の純粋なので不純物・放射性物質など一切含まない安心のお水です。
アクアクララRO膜水の魅力詳細はこちら
〇使用する水 不純物を取り除いたRO膜濾過水に4種類のミネラルを加えたおいしくてクリアな水。

その他の安心ウォーターサーバー
◆自宅でRO膜水を作るオスモピュア 口コミ・評判はこちら
◆自宅で高機能浄水水素水を作るアクティブビオ 口コミ・評判はこちら
◆業界ナンバーワンの低価格!クリクラ 口コミ・評判はこちら


ミネラルウォーターを購入するより簡単手間なし経済的なのがウォーターサーバー

水道水には発がん性物質のトリハロメタンや放射性物質など、 市販の活性炭浄水器ではとても取り除けない有害物質がぎっしり。
天然水やRO膜ろ過のウォーターサーバーなら 本当に安心できるきれいな水を飲むことができます。
スーパーなどでお水を買ってきたら重いし、高いです。
ウォーターサーバーであれば12リットルボトルが1260円~ですから
1リットル当たり100円以下!
更にウォーターサーバーならいつでもお湯が出るので
急にお湯が必要になった時も安心!

料理もおいしくなるし、ご飯も本当にふっくら炊けますよ。

水道水よりも安全で、市販ペットボトルよりも手軽で安い
ウォーターサーバーをあなたもぜひ導入してみましょう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウォーターサーバーならどれも同じ?

これからウォーターサーバーを自宅に置こうと考えている人にとって、数あるウォーターサーバーはどれも似たり寄ったりという印象が多いと思います。

お水を使う機器という点ではもちろん共通していると言えますが、実はそれぞれに違った特徴があるので、比較していくことはとても大切です。たとえば、使用しているお水は各社それぞれに魅力的なものばかりです。RO水と言われているお水、天然水を使っているウォーターサーバー、日本国内ではなくヨーロッパなどで採取されたナチュラルウォーターを使っているところもあります。

実際に使ってみないことには良さも難点もわからないのは事実です。中には、気軽に試してもらえるよう水の試飲サービスをしているメーカーもありますので、本格的に購入する前にこのようなサービスを利用して自分の口と目で確かめることをお勧めします。

無料で利用できるものがあれば、その期間は無料でウォーターサーバーを試してみましょう。どんな用途で、どういった目的でウォーターサーバーを取り入れようと思っているのかによって合うメーカーが変わってきます。目的と用途をきちんと明確にした上で自分たちが使ってみたいものを見つければ後で後悔するようなことも少なくなります。
スポンサーサイト

ウォーターサーバーのチェックポイント

各メーカーが様々なウォーターサーバーを導入しており、同じウォーターサーバーでもメーカーごとにサーバー本体の構造や仕組みが異なります。お子様のいるご家庭は特に、熱いお湯が出るウォーターサーバーには注意しなくてはいけません。

安全面としてチャイルドロックがついていて本体自体に安定性があるかどうかという点はしっかりと見ておきたいところ。また、衛生面においてもチェックが必要。水の容器の取り外し口やペットボトルが再利用されているものなのかどうかという点がチェックポイントです。

レンタル料を含め購入するお水の代金、1ヶ月使った時の電気代や万が一壊れた際のメンテナンス費用などは意外に忘れがちなところなので、この点についても事前に確認をすることが大切です。

電気代については、ウォーターサーバーのメーカーのサイトに1ヶ月の利用料金の目安が記載されていることも多いですから、こちらを参考にしてみると良いでしょう。

一般的には電気ポットを1ヶ月利用した時と同じくらいの電気代がかかると言われていて、一ヶ月数百円で済むことがほとんどです。大きさがありますので電気代がかかるようなイメージをもつ方も多いと思いますが、意外に電気代はリーズナブルです。利用してみる価値は十分にあると言えるでしょう。

レンタル料が発生するのはなぜ?

ウォーターサーバーのメーカーによっては、サーバーのレンタル料が毎月発生するところもあれば、レンタル料無料のところもあります。一見、私たちはレンタル料がかからない方がお得のように感じます。

例えば毎月500円のレンタル料をとられたとしても、1年で6000円もの出費となるわけですから、レンタル料はないに越したことはありません。しかしながら、レンタル料が発生しないウォーターサーバーの場合、水そのものの料金が高く設定されていることが少なくありません。

実際に使ってみたら、レンタル料がかかっても、水の料金が安いウォーターサーバーをチョイスした方がトータルでは安上がりになったということもあるのです。

レンタル料が発生する理由はいくつかありますが、一番はメンテナンス料だと思って良いでしょう。万が一利用している際に故障したりトラブルになった時、無料で新しいものに交換してくれることもありますし、修理代がかからずに直してくれるということもあるのです。

解約したい場合にも解約金が発生しない場合もあるので、レンタル料が取られるということは決して悪い事ではありません。すぐには切り捨てず、長期間のコストを計算して他と比較してみると良いでしょう。

アクアクララのメリットとデメリット

数あるウォーターサーバーですが、もちろんメーカーごとにメリットやデメリットは異なってきます。たとえば、アクアクララの場合、そのメリットはやはりウォーターサーバーの大手メーカーであるところです。

品質もさることながら、利用するにも安全安心な面が多いです。対応も丁寧ですし、万が一設置を取りやめたい時などの解約金も発生しません。ボトルについてもリサイクル式なのでゴミに出す手間がかかりません。地域を問わず宅配してくれることも多いので、都市部に限らずに利用することができる範囲が広いというのは、
アクアクララという全国的に有名なウォーターサーバーの良いところです。

一方でデメリットもあります。使い終わったボトルは回収しなくてはいけないので、家の中のどこかに取っておかなくてはいけません。また、土日の配送はしていず平日のみの配送となります。平日はお仕事をしていて土日に宅配をしてもらいたいという方にとってはちょっと不便なところもあるかもしれません。また、サーバー本体は無料というメーカーがある中で、アクアクララの場合は毎月1000円のレンタル料が発生します。

このようなメリットとデメリットはどんな製品にもつきものです。他社のものも検討してみて、自分の生活スタイルに一番適したものを見つけていくと良いでしょう。

家族構成で見るウォーターサーバー

水道水よりも美味しいお水が手軽に飲めるウォーターサーバー。一家に一台あると大変便利なのは言うまでもありませんが、たくさんお水を飲むご家庭にとって、ウォーターサーバーは高上がりになるのではと思われている方も多いのではないでしょうか。

家族構成によって、利用する水の量はもちろん変わってきます。たとえば2人家族の場合、飲み水に利用する水の量は1月あたり平均25リットル。4人家族なら倍の50リットル、6人家族なら75リットルほどが、平均的な水の利用量となります。ウォーターサーバーをお料理にも利用するとなればまたリットル数も変わってきます。

2人家族の場合は、ウォーターサーバーのメーカーによっても異なってきますが、1月あたり2千円~3千円台で利用が可能です。5人家族になれば倍の4千円~6千円ほどで利用することができますから、毎月お店でお水を購入されている方はぜひ比較をしてみると良いでしょう。

レンタル料はかかる場合と掛からない場合がありますが、これを安いと見るか高いと見るかは人それぞれではあるものの、購入する手間などを考えるとウォーターサーバーを利用した方がお得なことも少なくないのです。メーカーによっても金額は異なりますが、平均的な値を参考にしながら比較をしていきましょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。